あきゅらいずきのねシャンプー

美髪のためにはすこやかな頭皮を。あきゅらいずのきのね シャンプーのご紹介

 

美髪のためにはすこやかな頭皮を。あきゅらいずのきのね シャンプーのご紹介

 

すっぴん美肌を求める女性に熱い支持を得ているあきゅらいず。

 

スキンケア以外にも魅力的なアイテムが販売されています。

 

その中で、「菌」に着目したというヘアケア商品を見つけました。美しい髪は「菌」が違うというのです。

 

これは興味が湧いてきますね。どんな商品なのかご紹介していきたいと思います。

 

 

あきゅらいず「きのね」とは?

 

あきゅらいず「きのね」とは?

 

あきゅらいずのヘアケアシリーズは「きのね」と言います。

 

髪が生えている根っこである頭皮のスキンケアをすることで、美しい髪を養おうというのがコンセプトです。

 

豊かな大地には美しい森が育つように、すこやかな頭皮から美しい髪が育つのです。大地を耕して良い土を作るように、良い地肌を育てることがとても大事です。

 

そのためには、皮膚常在菌の力を引き出すことが大切という考えから生まれたのが、「きのね」のヘアケア商品です。

 

菌が美しい髪のために必要だという考えはとても興味深いです。

 

髪と菌にはどのような関係があるのでしょうか。

 

 

髪と菌の関係とは?

 

髪と菌の関係とは?

 

健康や美容の話題の中で、「腸内細菌」や「常在菌」という言葉を聞くことが多くなっています。

 

若々しいお肌を維持している人は、腸内に常在菌をたくさん持っていると言われています。

 

菌というと、お腹の中に棲みついているイメージがありますが、皮膚や頭皮にも存在しているのですね。

 

そして、美しくすこやかな肌や髪を維持するために、とても大切な役割を果たしています。

 

「育菌」という言葉もあるほど、菌を育てることが美髪のカギになるのです。

 

 

頭皮の菌を育てるためには?

 

頭皮の菌を育てるためには?

 

頭皮の上には、常在菌という菌が棲んでいます。

 

この常在菌には、良い働きをする善玉菌と悪い働きをする悪玉菌が存在しています。

 

この2種類の菌のバランスが良好であれば頭皮も髪もすこやかな状態を維持できるのですが、悪玉菌が多くなりバランスが崩れてしまうと、頭皮の状態が悪くなります。

 

べたつきやにおい、フケ、かゆみ、抜け毛などのトラブルに繋がってしまうのです。

 

腸内に善玉菌、悪玉菌がいるように、頭皮にも2種類の菌が生息しているのですね。

 

頭皮の善玉の常在菌を育てることが、すこやかな頭皮環境を作り、美髪が導かれるというわけですね。

 

この善玉の常在菌を育てるために必要なのは「潤い」です。

 

頭皮を乾燥から守って保湿することで、善玉の常在菌が元気に育つのです。

 

 

常在菌を育てるための洗髪方法は?

 

常在菌を育てるための洗髪方法は?

 

善玉の常在菌を育てるためには、そのような洗髪をすれば良いでしょうか。

 

 

洗いすぎないこと

 

頭皮のにおいや皮脂汚れが気になると、その汚れを落とそうとゴシゴシ強く洗う方が多いと思います。

 

しかし洗いすぎると、頭皮を乾燥させないために分泌されている皮脂まで洗い落としてしまうので、頭皮を乾燥させる原因になってしまうのです。

 

皮脂膜を落とさないような「洗いすぎない」洗髪が大切です。

 

 

しっかりすすぐこと

 

シャンプーやリンスをしっかりすすいでいないと、毛髪をコーティングするために配合されているシリコンやポリマーが毛穴に詰まってしまいトラブルの原因になります。

 

毛穴をしっかりと洗うことが大切です。

 

 

アミノ酸系シャンプーを使うこと

 

頭皮の汚れなどをすっきり洗いたいからといって、洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと、頭皮が乾燥してしまい、かえって皮脂が出てしまうという悪循環が生まれます。

 

マイルドな洗浄力のあるアミノ酸系シャンプーを使うことで、適度に汚れを落としながら、必要な皮脂膜は守ってくれるのです。

 

 

きのね シャンプーとは?

 

きのね シャンプーとは?

 

美髪のカギとなる常在菌のバランスを整えるために、髪と頭皮に潤いを残して洗うことを目的として開発されたのが「きのね シャンプー」です。

 

シャンプーをした後にリンスやコンディショナーは必要ありません。

 

シャンプーをした後の頭皮も保湿することで、頭皮の常在菌のバランスが良くなるのです。

 

優れた保湿力を持つ和漢ハーブエキスの「草根木皮たまり」と、アミノ酸由来の洗浄成分をベースにして作られたシャンプーです。

 

シャンプーだけでリンスやコンディショナーを使わないと、洗い上がりのパサつきがどうしても気になりますよね。

 

しかし、きのね シャンプーを使った方の口コミを見ると、さらさらできしみ感がなくしっとりとした髪に仕上がるという感想が多いです。

 

洗っている最中もきしむことがありません。

 

 

きのね シャンプーの成分は?

 

きのね シャンプーの成分は?

 

きのねシャンプーの全成分を見てみましょう。「しっとり」タイプと「ふんわりタイプ」があります。

 

・きのね シャンプー(しっとり)
水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、スルホコハク酸ラウレス2Na、コカミドDEA、ポリクオタニウム−10、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシ葉エキス、褐藻エキス、クララ根エキス、シソ葉エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、センブリエキス、ニンニク根エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、BG、エタノール、ヤシ脂肪酸K、水酸化K、銀、フェノキシエタノール

 

・きのね シャンプー(ふんわり)
水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、ヒドロキシアルキル(C12−14)ヒドロキシエチルサルコシン、BG、グリセリン、ラウロイルアスパラギン酸Na、タンジン根エキス、ゴマノハグサ根エキス、オカゼリ果実エキス、ベニバナ花エキス、ポリゴナツムムルチフロルム根茎/根エキス、スイカズラ花エキス、アマチャヅル葉エキス、ムラサキ根エキス、オタネニンジン根エキス、オウレン根エキス、ポリクオタニウム―10、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、セテアレス−60ミリスチルグリコール、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール

 

 

草根木皮たまりを配合

 

草根木皮たまり

 

あきゅらいずのスキンケア商品にも含まれている、あきゅらいず独自の和漢ハーブエキスである草根木皮たまり。日本人の肌質に合わせて厳選された10種類の和漢ハーブがブレンドされています。

 

たっぷりのハーブからほんの少しのエキスしか抽出できないとても贅沢なエキスです。全て保湿効果を持っているハーブなので、保湿効果がとても高いです。

 

きのね シャンプーにもこの草根木皮たまりが配合されているので、頭皮や髪に潤いを残してくれます。

 

地肌になじみやすいという効果もあります。

 

 

泡立ちが良いシャンプー

 

泡立ちが良いシャンプー

 

きのね シャンプーの特徴として、泡立ちの良さがあります。

 

自然の成分を使ったもこもこのやさしい泡で頭皮や髪を洗うので、必要以上にゴシゴシ洗って必要な皮脂を落としてしまう心配がありません。

 

キメ細かい泡で洗うことで、頭皮への摩擦も少なくなるので、やさしく洗い上げることができるのです。

 

洗顔をする時に、肌への負担をできるだけ軽減するために、たっぷりの泡をクッションにして洗うのと同じことですね。

 

お顔をやさしく洗うように、頭皮に対してもやさしく洗うことが大切なのですね。

 

マイルドなタイプのシャンプーの場合、泡立ちが悪いことが多いです。

 

そのため量を増やしたり強く洗ってしまい、かえって髪や頭皮に負担をかけてしまうことが多々あります。

 

きのね  シャンプーの泡立ち力があれば、そのような心配はないですね。

 

 

リンス、トリートメント不要のシャンプー

 

リンス、トリートメント不要のシャンプー

 

きのねシャンプーの後には、リンスやトリートメントの必要はありあません。

 

愛用者の方の口コミを見ていると、はじめは「シャンプーだけではきしみが心配」と思っている方が多いです。

 

しかし、実際に使ってみると驚きのしっとり感で、洗っている時も洗った後もきしみがないというコメントが多いです。

 

シャンプーだけで済むということは、リンスやトリートメントをする手間や時間、そしてコストも削減されます。

 

さらに、乾燥の原因となる「洗いすぎ」を回避することにもなり、メリットばかりと言えますね。

 

 

選べる2つのタイプのシャンプー

 

選べる2つのタイプのシャンプー

 

きのね シャンプーは、「しっとり」お「ふんわり」の2つのタイプがあります。

 

自分の好みの仕上がりに合わせて選ぶことができるのが嬉しいですね。

 

「しっとり」は、まとまり感のある仕上がりになります。

 

「ふんわり」は、ボリューム感のあるヘアスタイルにしたい方におすすめです。

 

どちらのタイプも、リンス、コンディショナーは不要です。

 

 

きのね シャンプーの使い方は?

 

きのね シャンプーの使い方は?

 

きのね シャンプーは泡立ちが良く、洗っている最中もきしまないという特徴あります。

 

ここで、使い方について見ていきましょう。

 

  1. ブラッシングをして髪のからまりをときながら、ほこりや汚れを落とします。
  2. ぬるま湯で頭皮と髪をよくすすぎます。
  3. シャンプーを適量手にとり、髪全体になじませてから泡立てます。指の腹で頭皮をやさしくマッサージするようにして洗います。決してゴシゴシ強く洗ってはいけません。
  4. 頭皮を中心にすすぎます。生え際や首筋、肌にシャンプーが残らないように洗い流します。

 

泡立ててから、1分程おいてから洗い流すとしっとりと仕上がります。整髪料の量や種類によって、2度洗いするようにしましょう。

 

 

すこやかな頭皮のために作られた「保湿用エッセンス」と「かっさ」

 

すこやかな頭皮のために作られた「保湿用エッセンス」と「かっさ」

 

きのねのヘアケア商品のメインはシャンプーです。

 

さらにすこやかな頭皮作りのために開発されたのが、保湿用エッセンスとマッサージ用の櫛「かっさ」です。

 

 

保湿用エッセンス「きのね ヘッドエッセンス」

 

頭皮の乾燥によるトラブルをすぐにケアしたいという場合には、洗髪の後に保湿用エッセンスを使うことをおすすめします。

 

皮脂に近い天然成分で作られているので頭皮にも髪にもなじみやすく、しっとりと仕上げてくれます。

 

 

マッサー用の櫛「かっさ」

 

天然のくすのきを使い、台湾の木工職人がひとつひとつ手作業で作った櫛です。

 

頭皮のこりをほぐしてくれます。

 

血行を促して頭皮の内側からもケアしましょう。

 

マッサージをすることでリラックスタイムにもなりますね。ゆったりとした気持ちでケアしたいですね。

 

 

きのね シャンプーの気になる口コミは?

 

頭皮に潤いを残すことで常在菌を育てて、美髪を導くというコンセプトのきのね シャンプー。

 

菌が美髪作りのカギになるとは驚きました。

 

そして気になるのが、その育菌の効果が本当に出ているのかということです。

 

実際に使っている方は、どのような感想をお持ちなのでしょうか。

 

ここで、きのね シャンプー愛用者の方の意見をご紹介したいと思います。

 

 

・40代女性
髪の毛が細くて、よく静電気などでペタッとしてしまい猫っ毛になっていたのですが、きのね シャンプーを使うようになってからは、コシが出てきたように感じます。翌朝、ブラッシングをするだけで髪にまとまりが出るようになりました。


 

 

・30代女性
洗い終わった後のしっとり感がすごいです。カラーリングをした度に髪は傷んでしまいますが、頭皮は常にすこやかに感じます。


 

 

・30代女性
きのね シャンプーを使い始めてから、リンスやコンディショナーがいらない生活になりました。洗っている最中も自然な香りがしてキメ細かな泡がつるつるして気持ちが良いです。パサパサだった髪が艶やかになり、まとまりがよくなりました。


 

 

・50代女性
年齢とともに髪が痩せ始めてきた時に使い始めました。きのね シャンプーを使うと、髪がしっかりするように感じています。


 

このように、女性の髪にも男性の髪にも、きのね シャンプーは嬉しい効果を与えていることがわかります。

 

シャンプーだけで、しっかりと潤いをキープしてくれるのがすごいですね。

 

頭皮の常在菌がしっかりと育っていることがわかります。

 

 

きのね シャンプーの値段は?

 

値段

 

きのね シャンプー愛用者の方のコメントを見てみると、しっかりと嬉しい効果を実感していることがわかりますね。

 

一度その効果を体感してみたいという方もいると思います。

 

そこで気になるのがお値段です。

 

  • きのね シャンプー(しっとり)300mlは2,571円です。
  • きのね シャンプー(ふんわり)30mlは2,571円です。

 

送料無料、代引手数料無料です。

 

また、髪質に合うかどうか不安をいう方のために、返金保証もついています。

 

開封後であっても対応可能です。商品到着後8日以内に以下のお客様窓口に連絡をしてください。

 

0120-205-114(月〜土9:00〜18:00 日祝休み)に連絡をしましょう。

 

ドラックストアなどで販売しているシャンプーに比べたら少し高いかもしれませんが、このシャンプー1本で、ヘアケアが完了することを考えると、とてもお得だと思います。

 

リンスやコンディショナーが不要なので、お風呂場がスッキリしそうですね。

 

 

以上、あきゅらいずのヘアケアシリーズ「きのね」のシャンプーをご紹介してきました。

 

美しい髪のためには頭皮の常在菌を育てることが大切であり、そのためには潤いが必要ということがよくわかりました。

 

実際に使っている方の感想を見ていると、シャンプーだけなのに、うるおいのある髪になり、まとまりやすい髪に導いてくれることがわかります。

 

リンスやコンディショナーが不要ということも大きな魅力ですね。

 

美しい髪のために、きのねのシャンプーを使って育菌の力を試してみたいですね。

 

 

↓きのねシャンプーの詳細はこちらから↓

きのねシャンプーボタン