あきゅらいず涼草

あきゅらいずらしい太陽ケア商品。涼草の魅力とは

 

あきゅらいずらしい太陽ケア商品。涼草の魅力とは

 

すっぴん美肌になれると好評判のあきゅらいずでは、基本のスキンケア以外のアイテムも販売しています。

 

その中に涼草(すずくさ)という太陽ケア商品があります。

 

お客様の意見をもとに、あきゅらいずらしい日焼け止めができないか3年もかけて完成した商品です。あきゅらいずのこだわりが詰まったアイテムです。

 

ご紹介したいと思います。

 

 

涼草(すずくさ)とは?

 

涼草(すずくさ)とは?

 

あきゅらいずでは、2014年にはじめに販売していた涼草の販売を終了しました。

 

しかし、その時に愛用者の方から、私のような敏感肌でも使えるサンケア商品は涼草しかないので困ります、という意見が寄せられたそうです。

 

そこで、あきゅらいずは300人の敏感肌の方の意見を集めて、以前販売していた涼草を改善しながら、3年かけて、新しい涼草を作りました。

 

そして「すはだにやさしい日やけ止め」涼草が完成したのです。

 

特徴は、肌にできるだけ負担をかけずに優しくサンケアをしてくれるということです。

 

敏感肌の方でも安心して使うことができます。

 

のびやすいので肌になじませやすく、潤いながらもべたつかないのが人気です。

 

 

涼草の成分は?

 

涼草の成分は?

 

涼草は、敏感肌の方で使えるように、肌に優しい成分だけを配合するようにしています。

 

そのため、紫外線吸収剤、パラベン、香料、着色料などは使っていません。

 

配合されている成分を見ていきましょう。

 

 

オリーブ果実油

 

オリーブ果実油には、皮脂に多く含まれているオレイン酸が入っているので、肌なじみが良いというメリットがあります。

 

そして保湿力があるので、肌をしっかり潤してくれます。

 

 

和漢ハーブエキス

 

保湿力のある和漢ハーブであるカンゾウ、サンナ、オウゴンのエキスが配合されています。

 

乾燥から肌を守りながらサンケア効果を高めてくれます。

 

肌に負担がかる成分ではなく、天然素材の力で、太陽ケアをしてくれることがわかりますね。

 

肌にやさしいスキンケアを求めるあきゅらいずらしい日やけ止めですね。

 

 

泡石で落とせる

 

泡石で落とせる

 

日やけ止めアイテムを使うと、落とすためにいつも以上のクレンジングをしますよね。

 

このような過剰なクレンジング、過剰な洗顔をすることで、肌の水分が奪われてしまい、肌のトラブルを引き起こしてしまうのです。

 

しかし涼草は、あきゅらいずの優しい洗顔石鹸である泡石の泡立て洗顔1回だけで落とすことができます。

 

クレンジングの必要もなく洗顔をしすぎる心配もないのです。

 

 

涼草の役割とは?

 

涼草の役割とは?

 

涼草のSPF値は14です。

 

SPF値とは、日やけを赤くなるまでの時間を遅らせる目安の数値です。

 

日やけする時間の平均は15分程度と言われていますので、SPF14を計算すると約3時間ほど遅らせることができるということになりますね。

 

そのため、涼草は、長時間炎天下にいる時などには適していません。

 

買い物やお散歩、ちょっとした外出などの日常的に使うアイテムとして適しています。

 

帽子やストール、日傘などの日よけグッズと一緒に使うと良いですね。

 

太陽ケア力はそれほど強くありませんが、その分お肌に負担をかけることがないのが、涼草の魅力なのですね。

 

夏のレジャーなど用にSPF値の高い日やけ止め商品を持っておくことは必要ですが、毎日そのようなSPF値の高いものを使っていると肌へのダメージが大きくなってしまいます。

 

普段使い用として、涼草を活用すると良いのですね。

 

 

涼草の使い方は?

 

涼草の使い方は?

 

次に涼草の使い方を見ていきましょう。

 

 

お出かけ前

 

あきゅらいずの秀くりーむで保湿します。

 

保湿することで、紫外線などの外的刺激をからお肌が守られます。

 

しっかり保湿してから涼草を使うと効果的になります。

 

約1円玉大の涼草を、頬、おでこ、鼻、顎にのせます。ムラにならないように素早くなじませます。秀くりーむの後にすぐに涼草をつけると伸ばしやすいです。

 

メイクの下地としても使うことができます。

 

あきゅらいずのフェイスパウダー玉粉肌と合わせて使うとナチュラルメイクに仕上がります。

 

 

つけ直し

 

涼草は、やさしく洗顔でも落とせるように汗や水には強くできていません。

 

そのため、こまめにつけ直すようにしましょう。

 

2〜3時間おきにつけ直すと良いでしょう。汗や皮脂をやさしくふき取ってから、約1円玉大の涼草を、頬、おでこ、鼻、顎にのせます。ムラにならないように素早くなじませます。

 

 

落とし方

 

ぬるま湯で顔を濡らしてから、泡石で泡立て洗顔を1回します。

 

クレンジングの必要がないのが嬉しいですね。

 

 

涼草の値段は?

 

涼草の値段

 

涼草は、敏感肌の方にもおすすめできる肌にやさしい日やけ止めです。

 

毎日の太陽ケアに活躍しそうなアイテムですね。

 

ここで気になる値段を見てみましょう。

 

涼草30gの通常価格は2,900円、定期価格は2,700円になっています。

 

2本セットでは通常価格、定期価格ともに5,300円とお得になります。

 

 

以上、あきゅらいずの優しい太陽ケア商品、涼草をご紹介してきました。

 

強いサンケア力はありません。肌に負担をかけないようにこだわって作っているからです。

 

しかし、毎日の生活におけるサンケア効果はあります。

 

自分のライフスタイルに合わせて上手に使っていきたいですね。

 

 

↓あきゅらいずを試すなら3点セット 50%OFFはこちら↓

あきゅらいずボタン